rietana blog

キャリアOLからNPO&地域づくりへ。さあ次はどこへいく?
田舎/若者/仕事/食/都市/子育て/夫婦/教育・・・・
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
高校魅力化コーディネーター
高校魅力化コーディネーターの活動について、
こちらのブログを作りました。


https://note.mu/riemoto
| - | 08:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
横田高校と地域連携
横田高校での高校魅力化コーディネーターの勤務を始めて、
半年が過ぎました。

日々の取り組みについては、
Facebookのほうで更新しています。
横田高校魅力化プロジェクト

高校というのは、外から見えにくい。
だからこそ、現場に入ることを私は選択したんです。
ただ、慣れていくと当たり前になってしまう。
いくつか感じたことを整理していこうと思います。




_______________________________________________

今回は、高校と地域の連携について


高校と地域の連携により、奥出雲の未来と医療、福祉、教育、農業等
持続、発展的な地域を実現するための人材を育成する教育環境を構築する。
(横田高校魅力化プロジェクト事業計画書より・目的)



高校と地域の連携を進めていくにあたって、
横田高校に限らず、石見地域や他でもよく耳にする意見。
「やる気のある先生がいるときはいいんだけれどね、
その先生が転勤になったら、ぷっつり糸が切れてしまう」

確かにそうだなという印象はあります。
多くの先生は、専門科目を教えること、または部活動、
もちろん「生徒の成長に関わりたい」という部分が根っこになると思うのですが、
地域連携や総合的な学習(平成11年〜)の取り組みに興味があって教員になった方は
ほとんどいません。
そのため「地域」に関しては、「よく分からない」というのが実態です。
「よく分からない」というのは、地域の誰に話をすればいいか、はもちろんのこと
どんな連携をすればいいのか、何ができるのかが見えない。
地域の方が高校生に対してどう思っているのか、わからない。


「地域連携は、生徒の人生にとってを大切な学びがつまっている!」と
校内の誰か一人でも(管理職でも、一教員でも)確信をもって推進していかないと、
「何ができるかよく分からないなあ、どれだけの負担になるんだろう。
いまも授業の準備や部活や事務仕事に追われているのに、う〜ん、やめておこうか」
となるのは当然のことかもしれません。


私がコーディネーターとして勤務する、横田高校は
地域との距離(物理的な意味ではなく)が非常に近い学校です。
もちろん、これまでも地域連携に熱心な教員の存在もありましたが、
(異動されましたが)

特徴的なのは、地域から学校に対してのあたたかい要望があること。
「高校生を地域で育ててあげなきゃいかん」
「若い力で地域を元気にして欲しい」
「どうやったら、高校生の力を生かせるか」
「もっと高校生の知恵とパワーが欲しい」
地域というのは行政という範囲ではなく、コミュニティセンター、部活動関係、
民間企業、経営者、商工団体、小中高、幼児園など個人、団体さまざまです。

もちろん、高校から地域に出向いてお願いをすることもあるのですが、
奥出雲町唯一の高校として、
地域の方の、高校生の成長を見守る「目」があることは、
どんな先生が担当になっても
地域連携の橋は崩れないだろうと確信しています。

(もちろん、それをより生徒の学びの質を高めるために
地域と学校の役割を仕組化していくのは
私の仕事だと思っています。)


次回紹介する、今年5年目となる仮想会社「横田高校だんだんカンパニー」は、
地域連携の核となる取り組みです。

※「だんだんカンパニー」とは平成22年に設立した仮想会社であり、
就職・専門学校進学希望の総合コースの生徒が約半年間にわたって、
奥出雲の地域資源を生かした商品開発・企画、マーケティング、東京での販売活動を行い、
就業意識、地域理解を通じ、地域を担う人材を育成を目指すプログラムです(総合的な学習の時間)


では、また。



 
| 高校教育 | 10:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
教育に携わること。
随分、間が空いてしまいました。
お元気ですか?

季節は巡り、9月です。
誕生日月の9月は自分にとっていいことが起きる月(思い込み)です。

島根県石見地方から出雲地方に引っ越しました。
2010年安来ー2011年江津ー2013年大田ー2014年安来。
なんだかんだ風の人、なにでしょうか。

4、5月は家族で旅行に行っていました。
マレーシア、インドネシア。
そして鳥取鹿野。

旅行から帰ってきて落ち着いた頃、
仕事復帰をしました。

とてもとてもお世話になった、江津のてごねっと石見の現場から離れ、
次、何をするのか気にしてくださった方もたくさんおられます。
仕事の紹介をしてくださったり、心配してくださったり。
いろいろ迷い、考えて決めたのが、
高校の魅力化のコーディネーターでした。

場所は、奥出雲町 横田高校。


高校の進路指導室に席を置き、あっという間に2か月が過ぎました。
NPOの活動を通して感じたことは「まちづくりは教育から」ということ。

一部の元気な学生だけでなく、個性豊かないろいろな学生と
共にすることで私自身学べることがたくさんあるのではと思っています。

ミッションとしては、生徒数の減少が顕著な山間部の高校の生徒を
増やすこと。

県外だけでなく、県内に対しても、行きたいな、子供を行かせたいな、
行ってよかったなと思える高校のお手伝いをすること。

具体的には、高校の取り組みを地域に対して、県外に対して情報発信をし、
高校を身近に感じること。
また、だんだんカンパニーの取り組みをキャリア教育のひとつの
位置づけとして体系化すること。
高校と地域とのつながりの質をあげること。

現場の先生は多忙です。
コーディネーターとして、客観的立場だからこそできることが
あるのではと思います。


日々、修行。

引き続きよろしくお願い致します。






 
| 働くことで大切にしていること | 11:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
応援しているよ。
最近『応援してるよ』と、いろんな方に声をかけてもらってます。
選挙に出てるわけでも、エベレストに登るわけでもないですが(=゚ω゚)ノ

ただ、ふと、なんでこんなにいろんな方が応援してくださるのかと思うことがあります。


2011年に江津にIターン&てごねっとの設立や大学生達との取り組み。...
私がやろうとしてたのは、
おそらく自分だけのものじゃなくてみんなのものだったからだと。

地域を元気にしたい、ワクワクしたい。それはみんなの気持ちで、
たまたま私には身軽に動けるチャンスがあった。


応援してくれる人も、私にとっては既に仲間で、一緒になってやっている感覚がありました。

しばらくお会いしていない方、ご無沙汰をお許しください。





しばらくバタバタしていましたが、たくさんの応援に感謝し、
恩返しができるようにまた頑張りたいと思いますので、よろしくお願いします。




 
| - | 11:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
2014年はじまりました
年末年始は東京に帰省し、
1月の3連休は安来に帰省し、
バタバタと過ごしておりました。






冬の空気は耳がツンとするけれど、
なんだか気持ちいい。


みなさま、
あけましておめでとうございます。

今年の目標は
いろんな転機がおとずれようと
家族3人が笑って過ごせますように。

です。


このブログもプライベートので
最近は子育てのことばかり書いているので、
仕事やまちづくりの様子を知りたくて
ブログを訪問してくれている人がいると
申し訳ないなあと。


でも、ブログで着飾る必要はないと思うので、
着の身着のまま、つらつら今思うことをこれからも
書いていこうと思います。


出産してから1年が過ぎ、
「復帰はいつ?」と言われつつも
うーん、明確に復帰というのはちょっと違和感もあって、
私の中ではプロジェクト石見のコンテストの運営が終わってからも
UIターン情報誌Beans(こちら)コーディネートの仕事をコツコツして、
子育てをしながらの仕事をしてきたつもりなのですが、


世間的に「復帰」というのは、
江津でまちづくりの最前線に立ち、出産前と変わらず
動き続けることなのかな、、、。


江津やNPOの現場から離れてしばらく経ち、
その間もいろんな方々が新聞や雑誌(ソトコトとか!)で
活躍している姿をみて、
改めて、江津って面白いなあ、島根って面白いなあと感じます。

あまりにも勢いがすごくって、
自分がそのなかにいたのが信じられないというか。


現場から離れていると、
前みたいに江津のことを語ることができなくって、
いや、物理的な問題ではなくて、
気持ち的に100%注力できていない罪悪感かな。


それほど2011年のてごねっと設立からしばらくの間、
自分の暮らしというのは100%仕事で、
それくらいのエネルギーをかけないとできなかった日々だったんです。


仕事とプライベートの境目がない生活は
そのときはとても充実していたんですが、
ずっと続けることができるのか、と考えると
ちょっと疑問もあって。


いまは、自分1人ではないし、
娘がいて、夫がいる。
その暮らしを大切にしていきたいのです。



江津でのさらなる活動を期待してくれた
方には申し訳ない気持ちもありますが、
現場から離れていることは事実なんですよね。



今の私の優先順位は
家族をつくること。


30代。
新たなステージを歩いていこうと思います。

本年もよろしくお願い致します。



 
| 働くことで大切にしていること | 14:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
一歳の誕生日
12月26日。
雪が降ってます。

娘が1歳になりました。







手巻き寿司と手羽元のオーブン焼きと、豆腐クリームと蒸しパンで作った
離乳食ケーキでお祝い。



さらちゃん、1歳おめでとう。

たくさんの笑顔とあたたかさと素直さを教えてくれてありがとう。






この1年の成長を近くでみれてとても幸せでした。

泣くだけだったさらちゃんが、

微笑むようになり、

寝返りをはじめ、

おすわりができるようになり。

そしてつかまり立ちができ、タッチができて、

一歩一歩歩けるようになり、

今じゃ、トコトコトコトコかけてくる。


はじめはおっぱいをうまくくわえることもできなかったのに、

いまじゃ、自分から服をまくっておっぱいを求めて、
飲むようになり、

ひとくちひとくち慎重だった離乳食も、

今じゃ、手づかみでぱくぱくたべるようになっている。



あっという間の1年だったけれど、


ほんとに一歩ずつ,一歩ずつだったんだよね。



これからも見守ってるよ。


さあ、いろんな経験していこうね。






 
| - | 16:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
たくさんのプレゼント
はじめてのクリスマス!!!


パパからはおっきなおもちゃ!
たくさんのボールに囲まれて、興味津々。





クリスマスケーキを焼いて、ローストチキン食べて、
家族で迎えるクリスマスって感じでした!

さらちゃんには東京のジジババ&お姉ちゃんからもクリスマスプレゼントが。
絵本や赤いくつやトナカイさんや。

こんなにプレゼンに囲まれるなんて、
ホームアローンみたいだ!





23日には安来からジジババが来て、

さらちゃんにプレゼントを。
(クリスマスというようり、誕生日プレゼント)




積み木。

早速遊んでます。















1人で遊ぶというより、一緒に遊ぶと
大興奮。


おじいちゃん、おばあちゃん、ありがとう。


 
| - | 16:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
もうすぐ一歳


もうすぐ一歳になります。

最近のさらちゃんは、ちょこちょこ部屋のなかを歩き回って
とっても元気。

一歩、一歩があんなにおぼつかなかったのに、

たったったったっと歩き回って私やパパの足にしがみつく。


たくさん動いて、たくさん食べて、こうしてすやすや。





去年の今頃は、臨月で、

夜中眠れなかったり、胃がいたかったり、足がつったり、
階段を歩くのも慎重になってたんですよね。

パパもお腹のあかちゃんによく話しかけてくれてました。



予定日は1月11日頃だったんですが、

36か37週目の検診で、卵巣の膿腫(良性ですが)が8cmと大きくなっていて、
分娩のときにそれが破裂すると、中の液が飛び散り、
中の液が水のようなものなら問題ないけれど、
粘着質の場合は、今後も抗生剤を使いながらの治療が必要になる。
100%粘着質とは言えないけれど、これはちょっとリスクがあるとのことで

う〜ん、、帝王切開にしませんか?、と先生に言われたのでした。


ゆったりクリスマスとお正月を過ごそうかと思っていたところに、
急遽、来週出術しましょうとなったので、
12月26日に決定したのでした。







妊娠中に育児の本とか読んだりしたけれど、
あまり頭に入っていなくて、
出産がゴールになっていたような気もしてます。

時間がないようであった妊娠中にもっと本を読んでおけば良かったな。


離乳食の本、
育児の考え方の本、
赤ちゃんの病気の本、

今の時代は、インターネットで調べたらすぐ出てくるんだけれど、
知識として持っておきたいなと思います。

近所の図書館の常連になってます。





今年は家族で過ごす初めてのクリスマス。

料理をがんばりマス。




 
| - | 14:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
伝えること



「ぽちゃ」というお菓子を主人がおみやげに
買って帰ってくれました。

さらちゃんのほっぺたの様に、ぼちゃぼちゃで
美味しかったです。

さて、タイトルの
「伝えること」

伝えることって難しいなって最近思います。
赤ちゃんは、泣いたり怒ったりして感情を伝えようとします。
とっても素直で大切なこと。


大人になると、泣いたり怒ったりするだけでなく、
言葉で伝える大切さを学びます。
それが難しいんだれど。

感情の喜怒哀楽って出すのは簡単ではない気がします。
特に、「怒」という感情。

怒ることはみっともない、子どもっぽい、そんな認識をいつの間にかもってて、
怒ることは押さえがちです。

ぐっと飲み込んだり、我慢したり。
言葉で伝えられたらいいんですが、
気持ちを抑えることも多いような。

怒ったっていいんだよ。

そんなことを昔言われたような気がします。


正直に、素直に、感情を爆発させることも
ときには必要なのかな、と。

はっぴーな感情だけでなく、
負の感情も伝えることも大切なんじゃないか、
最近こんなことを考えてます。

常にはっぴーじゃないよね、人間って。生活って。
あえて隠すのは不自然かもしれないと。

30歳にて、人間やり直し?
とは言い過ぎだけれど、
まだまだ学ぶことはたくさんあるようです。




今朝は娘がぐーすか寝ているので
久しぶりにゆっくりパソコンに迎えました。

こういう時間を意識して持とうと思います。



| - | 08:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
初雪です


11月下旬にはいり、
一気に寒くなりました。
コタツをだした翌日、島根も初雪です。



さてさて、11月19日に
9〜11ヶ月検診を受けました。
もうすぐ11ヶ月のさらです。

おかげさまで、順調です。
感謝、感謝。

体重7980g
身長69.0cm
歯は3本。
下の歯2本と右上に1本。


身長と体重、平均よりも小さめですが、
元気いっぱい。

そう、立っちができるようになりました。
1歩、2歩、3、4、5歩までできるように。

お母さんのところに来ようとするとき、はいはいではなく、
立ち上がって来ようとしてます。


チャレンジャー。

でも、まだ危なっかしくて、
転んで顔をぶつけてわんわん泣いてます。。





先日、久々に一眼レフで撮りました。


ピンポケ写真だけれど、
泣き顔も載せます。




もっともっといろんなことを
書き綴りたいんだけれど、
なかなか時間がとれず。

また。





| - | 10:56 | comments(0) | trackbacks(0) |

1/36pages>>


CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
PROFILE
Facebook







お問い合わせはこちらに。 gmail

SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
guest
ブログパーツUL5
rietana's photo
rietana fotologue
rietana flickr
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from rietana. Make your own badge here.
twitter

LINKS
OTHERS
SPONSORED LINKS